ちゅうたん工芸もりあげ隊

京都府綾部市にある中丹文化会館より           工芸をとおした地域づくりのうごきを伝えていきます

11/8 竹炭

R0013604

更新が遅れてしまいました。

徐々に寒くなってきましたね。竹炭の火はとってもあったかいですよ。

 

R0013605

今日もつつがなく、竹炭づくりワークショップです。

 

 

R0013606 R0013608 R0013609 R0013610 R0013611

無言で作業に集中し、しーんと静まる場面も何度か。

私は集中力が足りないのかしら、いくら磨けどもみなさんほどの輝きがでません。

 

R0013614

 

途中、お茶でほっこり。

岩崎さんが出してくださるお茶はいつも、おいしいです。

R0013615

 

 

この方が三代目伝徳さんこと、お父さん。

いつも頼もしく、アドバイスしてくださいます。

お茶する姿すら、しゃんとしておられて頼もしいです。笑

R0013616 R0013617

 

 

たいていの竹は遅かれ早かれ割れます。

割れても、それ以外の部分でかたちを削りだせば問題ありませんので、続行します。

R0013618

 

 

塩尻プロによる、金属談話も休憩中に展開。

竹割りのための道具を改良する話です。

R0013619 R0013623

 

 

これは、その塩尻さん作。

お仕事柄、磨くことはさすが、長けてらっしゃいます。

すごくきれいにできています。羨ましい。。笑

R0013624

 

 

株さんもとてもきれいです。神々しく夕日を反射しております。

R0013626

 

私のは割れましたし、ヒビがたくさん入っているので、小さな竹炭がたくさんできそうです。

私のはともかく、みなさんの磨きっぷりに乞うご期待!

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 2014年11月16日 投稿者:

ナビゲーション

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。